2021年のトレンドとニューノーマルを振り返る

2021年に別れを告げるにあたり、この1年で世界を混乱させ進化させてきたトレンドを見ていきます。
A look back at the trends and new normal of 2021
2021 年 12月 31 日 •

新型コロナウイルスの発生から2年、世界のサプライチェーンは大きく揺らいだ。品不足、パンデミックによる規制、ボトルネックなどの影響のより、無傷で済んだ産業はほとんどない。世界経済は大きく混乱し、特に途上国では大きな打撃を受け、経済の崩壊による所得の減少とインフラの不足により、ワクチン確保が制限されました。

パンデミックは中小企業にとって未曾有の困難となりましたが、多くの経営者がEコマースへの移行を成功させ、新旧の顧客にアプローチしています。世界中の実店舗がオンライン・ショッピング・サイトに取って代わられる中、今やデジタル・オペレーションが新たな常識となっています。このような変化は、パンデミックよりも長く続くかもしれません。

この波乱に満ちた年の終わりに、2021年に最も読まれ、皆様の心に響いたストーリーをご紹介します。

トリクルダウン効果

サプライチェーンリスク分析プラットフォームであるEverstream Analyticsが2021年3月に実施した調査によると、様々な分野の専門家が、危機は極めて広範囲に及び、異なる地域のほぼすべての産業に影響を与えていると報告しています(2021年3月4日)。

コンテナの出荷からコンピュータチップに至るまで、パンデミックは連鎖反応を引き起こし、多くの業界に影響を与えました。その結果、リモートやオンラインの操作に適応しながらビジネスを継続するのに苦労しました。

これらの課題に直面して、一部の地域の国では、貿易の接続性を高め、業務を円滑にすることを期待して、インフラ開発の計画を優先しました。

例えば中国では、サンフランシスコのシリコンバレーに匹敵するような、高度な映像業と近代的なサービス産業を備えたグローバルな技術革新センターを、グレーターベイエリアに建設する計画を変更しませんでした(2021年3月3日)。

一方、台湾は、米中貿易戦争に巻き込まれたこともあり、チッパゲドンの危機に直面しました。この貿易戦争は、新型コロナウイルスは言うまでもなく、台湾がこれまで直面した中で最悪の干ばつと相まって、深刻なものとなりました。世界の半導体製造工場で生産が中断される事態になりました。

世界的な半導体不足が他の産業を不自由にする中、物流企業は、将来に向けてより柔軟で合理化されたオペレーションを構築することを期待してサプライチェーンプロセスを強化することによって危機を緩和しよう としました。 (2021年9月13日).

パンデミックに見舞われ混沌とした1年を通して得られた教訓を集約し、2021年3月23日に発表されたEverstream Analyticsの年次報告書では、 サプライチェーンを強化する際に軽減させる必要がある新たなリスク について述べられています。

デジタルプラットフォームへの適応

世界的な大流行が始まった直後には、多くの零細・中小企業(MSME)は、新型コロナのロックダウンを乗り切るために、Eコマースの導入を加速させました。

犠牲者が出ることは避けられなかった一方で、パンデミックは多くの起業家にとって、グローバルな顧客層を獲得するためにEコマースに軸足を移し、ビジネスを立ち上げたり拡大するきっかけをもたらしました。

例えば香港の著名なシェフ、グレース・チョイが東京にオープンさせたプライベートダイニングキッチン、「Choy Choy Kitchen」 では、XO醤の海外販売を通じて本格的な広東料理を世界中に届けています。 (2021年4月27日).

伝統的なビジネスも変化しました。

集英社の岡本正史氏は、世界で最も成功し長く続いているマンガとして知られている日本のコミックやグラフィックノベルのデジタルアーカイブ制作のパイオニアです。10月の記事では、マンガ・アートヘリテージと題したプロジェクトが、デジタルと越境Eコマースを活用して世界のマーケットに向けてマンガのオリジナル原画作品を、コレクターズアートに昇華している事例を紹介しました。(2021年10月11日)

同様に、パプア・ニューギニアのコーヒーブランドBanz Kofiは、情熱的なプロジェクトから、地元の農家に活力を与える自家製ビジネスへと進化しています。30年以上の歴史を持つこのシングルオリジンのスペシャルティーコーヒーブランドは、世界的なパンデミックの中でも豆を挽き続け、強力なeコマースプラットフォームを活用して、 労働から生まれたコーヒー豆を、世界中のコーヒー愛好家に届けています。(2021年7月2日).

実店舗からEコマースへの移行が恒久的になるにつれ、まだ危機から完全に脱していない現在、これらの中小企業にとっては、レジリエンスが重要なカギ となります。 (2021年6月25日)

途上国への影響

どの国も被害を免れてはいませんが、中でも発展途上国がパンデミックの矢面に立たされてしまっています。

特にスーダンにとっては激動の1年となりました。数十年にわたる内戦、洪水、制裁によって荒廃した国にとって、新型コロナウイルスは新たな障害となりました。

しかし、2020年末に米国国務省のテロ支援国家リストから外され、切実に必要とされていた債務救済と海外投資へのアクセスが可能になったことで、スーダンの状況は好転しているようです。27年の歳月を経て、ローカルパートナーシップ、和平交渉、世界における接続性の向上が、同国が希望に満ちた未来へと前進するのを後押ししています。(2021年4月8日)。

しかし、多くの途上国にとって、パンデミックから抜け出す道はワクチン接種を確保する闘いによって妨げられ、2021年末までに100億回分のワクチンを実現させるという世界の目標が頓挫しています。

ワクチンを展開する大きな動きははじまりましたが、途上国にとっては遅すぎる出来事となっています。 (2021年6月11日). ワクチンの偏在や新たな変異ウイルスの出現など、コロナウイルスとの闘いはまだまだ終わりそうにありません。