Your default browser language is set to . Browse this site in another language: Continue color Created with Sketch.
すべて
22 件のストーリー

ストーリーを読み込んでいます...
新型コロナは、アジアの E コマースの様相を一変させてしまったのか?
Eコマース事業者は、消費者の習慣や意識の変化に迅速に適用する必要がありました。
Eコマースにおけるサステナブルなパッケージングへの3つの道筋
Eコマースの世界的な急増で広がった、段ボールなどの梱包資材の世界的な不足への取り組み
クルマを超えるEVの未来
長期的な導入にはその動機付けのほか、インフラや熟練した人材が不可欠です。
スローペースで流行を作るファッションレーベル、オットウェイ
オーストラリア・メルボルン発のファッションレーベル、オットウェイにとってアウトドアは、季節を超えたユニセックスのデザインに無限のインスピレーションを与えます。
アイランドホッピング:香港の島々を担当する配達スタッフの仕事
フェリーや犬、自転車に移り変わる景色。これらはすべて"徒歩"配達員の日常の仕事の一部です。
航空貨物キャパシティに見える明るい兆し
新型コロナ関連の規制が緩和され、航空旅客が徐々に増えてきているが、中国はまだ懸念を残しています。
婦人靴レーベルのChristy Ng Eコマースの力でグローバルステージを駆け上がる
オンラインの分野を先取りしたことも、パンデミックへの備えになりました。
2021年のトレンドとニューノーマルを振り返る
2021年に別れを告げるにあたり、この1年で世界を混乱させ進化させてきたトレンドを見ていきます。
北海道のホタテ貝は、迅速なチャーター輸送手配にて輸出再開を果たす
DHLグローバルフォワーディングジャパン株式会社は、千歳空港から香港空港まで週3回(2020年6月時点)、チャーター輸送を行っています。
ECブームが牽引するアジアの航空貨物需要
アジアの航空貨物市場は、かつてないほどの急激なECの成長に引っ張られて、新型コロナウイルスのパンデミック発生以降、その需要は史上最高に達しています。
4匹のエゾヒグマにとっても、大陸を越えて新しい永住の地に移動するという事は、初めての経験でした。
絶滅危惧種のエゾヒグマ 日本から9,000 km離れた新しい永住の地へ輸送
4匹のエゾヒグマにとっても、大陸を越えて新しい永住の地に移動するという事は、初めての経験でした。
絶滅危惧種のエゾヒグマ 日本から9,000 km離れた新しい永住の地へ輸送
4匹のエゾヒグマにとっても、大陸を越えて新しい永住の地に移動するという事は、初めての経験でした。
ケン リー、ECの成長を促進するための投資について語る|ビデオ
私たちの働き方や生活様式の変化に伴い、ECの成長は今後も続くでしょう。ロジスティクス分野にはどのような投資が必要でしょうか。
シエラレオネの若者の未来を支える DHL の取り組み
シエラレオネの若者はこれまで失業に悩まされてきました。しかし、現在ではトレーニングや教育プログラムが提供されるようになり、より明るい将来を作り出す機会が与えられるようになりました。
チッパゲドン:世界的なチップ不足と戦う台湾
半導体は現代の生命線ですが、今や世界的に深刻な不足となっており、台湾がその中心になっています。