MORE FROM THIS COLLECTION

クルマを超えるEVの未来

長期的な導入にはその動機付けのほか、インフラや熟練した人材が不可欠です。
2022 年 7月 22 日 •

電気自動車 (EV) は、ゼロ カーボンの未来において重要な役割を果たします。しかし、EVの世界販売は昨年2倍になりましたが、車両の数を増やすだけでは十分とは言えません。

EVにスムーズに移行するには、政府は EV の欠点を調べ、自国のニーズに合わせたさまざまなソリューションを設計する必要があります。これには、自動車の平均移動距離 (マイルと時間の両方)、車両に対する充電機器の比率、車両や充電ステーションの保守に関する専門知識活用などの要因が含まれます。

小さな島国であるシンガポールのコンパクトな道路網と1日平均55km という短い通勤距離は、フル充電での EV の平均航続距離 250 km の範囲内に収まっています。これらの要因は、インフラの整備と政府の強力な支援と相まって、2022 年の最初の 5 か月間でシンガポールの新車登録台数の 8.4% を EV が占めた理由となります。これは、2021 年全体の 2 倍以上です。

しかし、シンガポールのアドバンテージは、近代的で小さい国だという点にあります。他の国はそれほどうまくいっていません。IEA の Global EV Outlook 2022では、2021 年に多くの国が充電器あたりの EV 比率の増加に直面し、EV保有の成長速度が充電インフラスの進展を上回っていることを強調しました。

いかにして各国政府は、長期的に持続可能なEVのエコシステムを構築するための障害を克服していくことができるのでしょうか。

国ごとにそれぞれ異なる充電インフラのニーズ 

EV導入成功の鍵は、充電器あたりのEV車の比率にあります。ただし、住宅の保有、平均移動距離、人口密度など各国それぞれの要因に応じて、異なる目標比率が設定されています。

As EV adoption picks up speed, global demand for public EV chargers is rising.
EVの普及が増加するにつれ、世界的に公共の充電設備に対するニーズも高まっている。

欧州や米国では、住宅での充電設備のシェアが高く、したがって比較的公共の充電設備への依存は低くなっています。しかしそれでも、その比率は政府の目標を下回っています。(AFID)が推奨するEV10台あたりの充電設備の理想的なペースには届いていませんが、ノルウェーは2021年の時点で充電設備あたり平均29台という目標を達成しました。

同様に、米国の道路上の EV の数は、公共の充電設備の数を上回り、2021 年には充電ポイントあたり約 18 台の EV であり、充電設備あたり6第という 推奨比率の3倍になっています。

EV の普及に伴い、公共の充電ソリューションへの依存度が高まっています。各国が EV 導入の拡大を進めるためには、政府はより幅広い充電オプションの提供を開始する必要があります。

充電インフラに向けた、カスタマイズされたソリューション 

政府の策は 

充電インフラの不足に対処するひとつのアプローチは、各国が公共の充電ポイントの強力なネットワークを構築することです。人口密度と都市景観の需要に応じて、中国は利用可能な公共の充電設備の数が最も多く、世界の急速充電器の 85 percent、低速充電器の 55% を占めています。

規制は、EVの採用をより促進させる環境を作り出すことにも役立ちます。シンガポールでは、新たなEV充電を規制する法案において、駐車場を備えたすべての新しい建物は、駐車する全自動車およびオートバイの台数の少なくとも 1% のEV充電設備を設置するよう求めています。

同じ法律が、総床面積を 50% 以上増やす開発、または承認された電気負荷を 280 キロボルト アンペア (kVa) 以上に増やす開発にも適用されます。また、充電ポイントは、全駐車スペースの 15% を 7.4 キロワット (kW) の急速充電器で EV 充電をサポートするのに十分な電気負荷を提供する必要があります。

企業では 

政府のキャンペーンや政策以外にも、企業も EV の普及トレンドの役割を担うことができます。

「私たちは、クリーン オペレーションにフォーカスし、2050 年までにネット ゼロ エミッションを達成を目指しています。エクスプレス ロジスティクスのリーダーとして、ロジスティクスオペレーション全体で二酸化炭素排出量を削減するようこの産業を導き、影響を与える責任があります」と、DHL エクスプレス アジア太平洋地域 CEO であるケン リーは述べています。

DHL Express シンガポールでは、陸上輸送をグリーン化するというシンガポール政府の計画に合わせてComfortDelGro 社と提携して、80 台の電気自動車 (EV) を追加導入することを発表しました。

効率的な充電ネットワークの構築

物流面では、 DHL Expressシンガポールは商用EV車両の導入に合わせて各地のサービスセンターに105の充電ポイントを設置します。サービスセンターに導入される、このスマート充電ポイントは、充電プロセスを最適化するために、アンチEVホギング監視システムやEVモデルまたはナンバープレート認識システムなどの特別な機能を備えた毎日の充電を提供します。

国際機関では 

内燃機関車 (ICEVs) から EV への移行は、気候変動に対する重要な解決策です。しかし、現時点で、それは普遍的なものではありません。EVの導入は費用がかかります。より多くの、またはより高速な EV 充電設備に電力を供給するには、都市の電力システムのアップグレードが必要になる場合があります。地方都市では、電動化を検討する前に、道路や公共交通機関のさらなる開発も必要です。

そのため、国際機関は進展の遅い発展途上国の支援をしています。たとえば、カンボジアでは、3 月に運輸省に同国初の充電ステーションを建設した国連開発計画から資金援助を受けています。

Cambodia's second public EV charger was recently opened at a Caltex gas station in April 2022.
カンボジアの二番目の公共充電設備は、2022年4月にカルテックスのガソリンスタンド内にオープン

カンボジアの二番目の公共充電設備は、2022年4月にカルテックスのガソリンスタンド内にオープンしました。同国の貧弱な交通事情と交通インフラは、EV導入レース初期で後れを取る要因となっていました。2022年の最初の3か月で導入されたEVは47台 という状況

見る限り、92万 台の自動車と 520 万台のオートバイが路上を走っていることに比べれば、まだ始まったばかりです。

国連の援助を得て、カンボジアは最近、プノンペンで最初の公共 EV 充電器の開設を発表しました。将来的には、いくつかの公共充電ステーションを展開する計画です。カンボジアが新たに建設されたインフラを維持できるかどうかはまだ分かりませんが、国連の財政支援により、カンボジアは少なくとも現在の充電インフラのニーズを満たすことができます。

充電の遅さと航続距離への不安 

EVの導入が拡大するにつれて、公共の充電ソリューションへの依存度も高まります。各国が EV 導入の拡大を進めるためには、政府はより幅広い充電オプションの提供を開始する必要があります。

しかし、充電ステーションの数の増加とは別に、充電時間の遅さ、寒冷地でのバッテリー性能の低下、航続距離の短さなどの要因が、EV の普及を妨げています。

5分あれば満タンとなるガソリンタンクと比べ、EVの場合は世界で最も早い場合でも 15分 の充電で320kmの航続距離です。この問題は、この問題は、バッテリーの性能と EV の航続距離を最大20%低下させる寒冷地ではさらに深刻です。

平均航続距離が250kmである多くのEVは、小さな国では十分ですが、運転時間が長く充電ポイント間の距離が長い国では不十分です。交通渋滞が激しい人口密集都市は、それ自体が不安を生み出します。通勤者が年間 90 時間以上交通渋滞の中で過ごすバンコクでは、消費者は目的地に到達するための電力が不十分であることを恐れています

According to the South-Eastern Asia Traffic index 2022, Bangkok came in fourth, as the city with the worst traffic conditions in Southeast Asia.
東南アジア交通指数 2022 によると、バンコクは東南アジアで交通状況が劣悪な都市第 4 位にランキングされた。

EVの購入者の少なくとも 50% は、EV を実現可能にするためには、現在のガソリンスタンドの 80% 以上の充電スタンドが必要であると考えています。

航続距離不安の問題に取り組むため、タイ政府は EV 計画の第 1 段階をインフラ開発に専念させました。2022 年 6 月の時点で、タイ政府は全国に約900 台の公共急速充電設備が設置されていると推定しており、2025 年までに 4,400 台、2035 年までに 36,500 台に増加すると予測しています。

接続性と通勤距離は、EV への移行に関する消費者の決定に影響を与える重要な要素であるため、これらの課題を克服することは、EV が本格採用されるための重要な鍵となります。したがって、ユーザーに十分な充電サポートを提供するには、公共の充電ステーションを主要な場所に間隔を置いてに配置する必要があります。

EVエコシステムを長期的に維持する

EVの普及に伴い、各国がEVのインフラを長期的にどのように維持していくかが問われています。EVの普及に伴い、EVの整備や給油インフラなど、EVのインフラを長期的にどのように維持していくかが課題となっています。

しかし、EVの保守業務はまだニッチな職種であり、EVの需要急増に見合うだけの成長が見込めず、現状では人手不足に対応するための施策を打ち出す政府も多くはありません。

By training a pool of skilled EV technicians, countries can stay ahead of the curve and ensure the maintenance of their EVs and charging infrastructure.
熟練したEV技術者を育成することで、各国は時代の最先端をリードすることができ、EVと充電インフラのメンテナンスを確実に行うことができるようになる

シンガポールは、EVのメンテナンスに携わる熟練技術者の数を増やすため、組織と積極的に協力し始めたアジアでも数少ない国のひとつです。シンガポールでは最近、EV技術者の潜在的な不足に対処するため、陸運局(LTA)が団体と協力して、EVの保守・整備の安全関連分野の自動車技術者を訓練・認定すると発表しました。

 

各国がよりクリーンなエネルギー輸送システムに向けて前進する中、政府は今後の障害について戦略的に考える必要があります。そして、有資格の従事者を安定的に確保することは、EVへの移行をサポートするために不可欠なステップです。

ラストワンマイルでゼロエミッションを目指す

交通機関のゼロエミッション化など、まだまだ課題は多いものの、EVが本格的に普及する兆しが見えてきました。

「電気自動車への移行により、DHL Express シンガポールは年間合計323トンのCO2排出を削減することになります。」と、DHL Express シンガポールのマネージングディレクターであるクリストファー・オンは、述べています。

EVは、需要による規模の経済を通じて、ICE車の価格に匹敵するようになりつつあります。これは地方や発展途上国にとって良い兆候で、EVはより手頃な価格で購入できるようになるでしょう。

しかしその前に、EV市場の拡大に合わせて、EVのインフラを安定的に整備する必要があります。国家はEV車両への取り組みだけでなく、将来を見据えて、持続可能なEVエコシステムの構築・維持に取り組むべきです。