宅配ロッカー

利用可能な言語
Self-service lockers that store parcels for customers to pick up any time
宅配ロッカーは、24時間年中無休で荷物を安全に受け取ることができ、お客様に利便性を提供しています。宅配ロッカーは、多くのラストマイルロジスティクスプロバイダーが直面する、特に人口の多い都市において、生産性、効率、および支出に影響を与える問題の解消に役立っています。ロジスティクスプロバイダーは、荷物の再配達を行うと、高コストと非効率性を招きます。

小売店やロジスティクスサービスプロバイダーは、複数の場所に配送する場合と比較して、集約された宅配ロッカーステーションに配送することで、より高いコスト効率を実現することもできます。環境配慮にも貢献しており、配達に宅配ロッカーを使用することで、交通渋滞と配達車両の二酸化炭素排出量が削減されます。

2001年、ドイツポストは Packstationを導入しました。これにより、いつでもセルフサービスで荷物を集荷できます。この概念は普及し現在世界中で採用されています。特に、eコマースにおける取引数が急増し続けているためです。

現在多くのロジスティクスプロバイダーが、世界中で利便性の高い場所に宅配ロッカーを設置しています。 新しいモデルは、将来のスマートシティにとって不可欠になると考えられています。

POST-EXPO 2018では、香港を拠点とする新興企業がモノのインターネット(IoT)、クラウド、暗号化を利用したスマートロッカーソリューションを発表しました。 このソフトウェアは、消費者、販売事業者、宅配事業者をつなげ、モバイルで24時間追跡可能なセルフサービスモデルを構築しました。

DHLの宅配ロッカーついて、もっと詳しく

How do you think we can improve our glossary?

Please select a feedback option
Please leave a comment
Thank you for leaving your feedback